ブラジャーでバストサイズがダウンする!?ブラジャーの間違った付け方・選び方

寄せてあげて谷間を作る、バストアップで悩んでいる女性は胸の谷間に憧れています。
でも、無理して寄せ上げしている方は多いですが自然なふくらみは寄せ上げでは作れません。
年齢にかかわらず女性の多くがブラジャーの選び方・つけ方に誤解を持っています。
ここではそんなブラジャーの間違った知識について紹介します。今の自分のブラジャーの選び方・つけ方と照らし合わせてみましょう。

≪ブラジャーの間違ったNG行為とは?≫

その1.寄せ上げ目的でパットを使っている

ブラジャーの中に分厚いパットを入れて胸を押し上げている方、多いですよね?実はこれ、NG行為です。
底上げしている分、胸は圧迫され、周辺のリンパや血流が滞って胸への栄養が不足してしまいます。
バストアップを妨げてまで胸を大きく見せる必要はありますか?
パットは本来、左右の胸の大きさの違いをカバーするためのもの。
左右で胸の大きさが違う場合、大きい方に合わせてブラジャーを買いますが、その際、小さい方の胸に隙間が空いてしまうので、パットで埋めて使います。

その2.デザイン重視のブラジャーばかり身につけている

ブラジャーを外したときワイヤー跡が胸についている、それはワイヤーの曲線がバージスラインに合っていないということ。
※バージスラインというのは、胸のラインの下の半円部分を指し、このラインがきれいだと胸が整って見えます。
せっかくのバストを潰すばかりか形も崩れ、おまけにバストに収まるはずの脂肪が周辺に流れてしまうという残念な結果になりかねません。
デザインを重視するブラジャーほど曲線は小さい傾向にあります。
かわいい下着はテンションが上がりますが、そのためにバストが崩れていいわけありません。そういう下着はデート用にとっておきましょう。

3.肩ひもを短くしている

肩ひもを使ってつりさげ効果で胸をキープしている方がいますが、これもNG行為です。しかも、やればやるほど胸が下がります。
肩ひもが短いと背中側が引っ張られて上がった分、反対に胸側は下がるという簡単な仕組みです。
その状態が続くと姿勢にも影響します。姿勢が悪くなって猫背になったりすると、胸が下がるだけでなくお腹までぽっこり出てきます。

4.バストのはみ肉防止にアンダーを締め付けている

流れた脂肪を集めたら、はみ出ないようにアンダーベルトで締め付ける、ついやってしまいがちなことですが、やってはいけない行為です。
締め付けはバストアップ妨げのストレスを溜めるもと。更に肋骨まで圧迫され、守っている内臓にまで負荷がかかってしまいます。

5.ブラジャーにお金をかけない

安いブラジャーの特徴として、「ワイヤーの曲線が小さい」「ブラジャーが重い」「アンダーベルトの締め付け感が悪い」といったものがあります。
安物ばかり着けていると、体が慣れてきて着け心地の悪さに鈍感になってしまいます。気付けば胸が垂れていたということにもなりかねません。

※ここで言う高いブラジャーというのは、見た目が豪華なものではなく、快適な着け心地のために研究・開発された機能性の高いブラジャーのことです。

6.試着しないでブラジャーを買う

何でも通販で売っている時代、今着けているサイズと同じだからとネットで簡単に買ったりしていませんか?
服でも作っているメーカーによって同じサイズでもきつく感じることがあります。下着だって同じ、海外製だとなおさらです。
買って合わなくても、もったいないからと着け続けるとストレスは溜まる一方です。
サイズ幅の広いナイトブラやスポーツブラなら問題ありませんが、サイズ設定の細かいブラジャーのフィット感は、試着しないと分かりません。

正しいブラジャーの付け方お教えします>>

【寄せ上げしてもバストアップしない】

心当たりはあったでしょうか?寄せ上げは形が悪くなったりストレスを溜めるもとです。
女性心理から大きく見せたい気持ちはわかりますが、このような行為は逆効果、今すぐ改めましょう。